サッカーを始めたらユニフォームが欲しくなるものです。多くの場合、すでにあるチームに入ると既存のものを購入することになりますが、新しくチームを作る場合にはユニフォームも新調することになります。練習着として作る場合もあるでしょう。オリジナルのものを作成する方法は主に2つです。通信販売で購入するか、スポーツショップで購入することになります。どちらもオリジナルのものを作成できるというという点では同じですが、スポーツショップの場合は細かいオーダーまで叶えてくれるという特徴があり、一方で、通信販売で購入すると比較的安い値段で購入することができるという特徴があります。このような特徴をしっかりと理解して、上手にオリジナルサッカーユニフォームを作るようにしましょう。以下では、その作成の仕方を紹介します。

どのようにスポーツショップでオーダーする?

スポーツショップでオーダーする場合には、スタッフの方にカタログを見せてもらうことになります。大きなスポーツショップではオリジナルのものもありますが一からオリジナルで作ることもできます。襟の形や素材など、細かいデザインの注文もきいてもらいやすいということがスポーツショップでオーダーするメリットです。ワッペンや背番号などもつけることもできます。そのぶん、価格が高くなりやすいという傾向もあります。チームのイメージが固まっており、作りたいもののイメージが決まっているならスポーツショップでオーダーすると良いでしょう。細かい要望までしっかりと対応してくれますし、素材やデザインの選択肢も非常に豊富に用意されている場合が多いです。自分で実際に素材などを手で触って確認できるのもスポーツ店でオーダーするメリットです。

どのように通信販売で購入する?

通信販売でサッカーのユニフォームをオーダーする場合にはパターンオーダーとなります。パターンオーダーとなるので、スポーツショップのオーダーほど細かい要望を叶えることは難しくなりますが、その分割安で購入することができるというメリットがあります。最新のデザインなども一通り揃っているので便利です。オーダーの際には、インターネットのサイトからの注文となりますが、わかりやすいフォーマットで料金も明確に表示されるので購入に困ることはないでしょう。通信販売で購入する方法は、チームでまとめて作る場合に便利です。まとめて購入する分比較的安く購入することができます。カラーバリエーションやデザインも豊富で、プロのチームの最新のデザインのものまで一通りデザインは揃っています。